花より男子2 ~鶴見辰吾ここにあり!!~

そうきたか、鶴見辰吾っていう感じだなぁ。

そりゃそうだよ。
ここまでの9話。毎回同じようなシーンだけでほぼ出番なし。
それなのに、鶴見辰吾ですから。
そりゃ出てくるわけですよ。
あ~気づかなかったよ。


それにしても響きましたよ。
「おれを一人の男としてみたことあるのか!!」ってとこ。
財閥にいることでの苦悩もあるのです。

雨のシーンだけなんだか劇画チックだったのが気になったけど。
 
最終回に向けての1話早いクライマックスへの盛り上がりを持ってきた。
ここに持ってきてもネタとして持つという自信があるところが強い。

ハッピーエンドが間違いないだけに
どこまで波乱を巻き起こし、
強引かつ大げさに収束させるか!

見所である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック