ドラえもん のび太の恐竜2006 ~ひどい映像に落胆・・・~

いやいやひどい、ひどすぎた。
ドラえもんの映画は、ここまで質が悪くなってしまったのか・・・
藤子・F・不二雄が見たら絶対に激怒しているに違いない!!

キャラクターの縮尺がおかしいし、

背景はデジタルできれいなんだけど、人物が動いていない。
金をケチって、コマ数を少なくしたに違いない。
ジブリ映画の作品ではなく、絵という観点での質の高さを見ると

ありえなさすぎる質の低さ。
 

本当にがっかりし、怒りを通り越しあきれたのがラストシーン。
さっきまで、のび太の頭の上に乗っていた「ピー介」が

次のシーンで海に浮かび、全員を背中に乗せて海を泳ぐことに・・・
お~い!!ビックライトがあれば納得できなくもないが、そういうわけでもないし・・・
夫婦揃って、開いた口が塞がらなかった。

見なきゃよかった・・・
これが感想だ。
 
劇場版ドラえもんのおススメは下記の3作品。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック