1リットルの涙SP ~主役は成海璃子へ~

2005年10月クールで好評だった「1リットルの涙」が

スペシャル版として帰ってくるらしい。
もし、亜也が生きている時の話をもう一度やると言い出すなら
怒り心頭だったがそういうわけではないらしい。

女優、沢尻エリカ(20)の初主演ドラマで、一昨年10月期にフジテレビ系で放送された「1リットルの涙」が4月5日(後9・0)にスペシャルドラマとして復活することが8日、分かった。
 初回視聴率こそ13.5%(ビデオリサーチ関東地区調べ)とふるわなかったが、15歳のときに脊髄小脳変性症を発病し25歳で亡くなるまで、ひたむきに生きた実在の主人公、木藤亜也さんを沢尻が好演。徐々にお茶の間で感動が広がり、最終回は20.5%を記録した。
 とくに、10代の視聴率が26.3%と群を抜き、1年半経った現在も、番組の公式HPには10代からの書き込みが寄せられ、同局のHPの週間アクセスランキングの最新データ(2月26日~3月4日)で29位にランクインするほどで、沢尻は「ドラマという形で伝えられた亜也が、今でも皆さんの中で生き続けているのはすごいことです」と感激している。
 スペ版は亜也の死から半年後の設定。看護師をめざす妹の亜湖(成海璃子)、神経内科の医師となった亜也のクラスメート、遥斗(錦戸亮)を中心にした物語だが、生前の亜也のシーンを新しく撮影する予定で、沢尻もスペシャル版の撮影に参加。ファンにはうれしいプレゼントになりそうだ。(SANSPO.COM)

良作を汚すことになるか、二匹目のどじょうがいるのか?
もうこれは、完全に成海璃子の腕にかかっているといっても過言ではない。
あえて挑むフジテレビスタッフの悲壮さが伝わってくる。
何もこの作品の続編を作らなくてもいいのではないか。

 

それにしても今でも思い出す最終回の超がっかりシーン・・・
http://yosukezan.seesaa.net/article/10926390.html
(2005年12月22日「1リットルの涙 最終回」)
っていうか、私は「東京タワー」で昨日書いたことと同じことを
1年以上前にも書いていました。
「分かっていることをわざわざ描くな!!」と。


あえて、その後を描くことのメリットは何なのか?
頼むから、木藤亜也さんが悲しむような展開だけはやめてほしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック