西武ライオンズ裏金問題について思うこと

西武ライオンズが、裏金を渡したことで問題となっている。
何をいまさら、という感がある。
大相撲の八百長同様に、タブーだが、多くの人は知っていることではないのか?

いまさら大々的に取り上げるのは何でなんだろうか。
それに、西武ライオンズがいまさら公表したのは何でなんだろうか。
しかも、学生に口止めしているのは何でなんだろうか。
ほんとに”何で??””何で??”だ。 

 

もらった方も、あげた方も悪い。これは間違いない。
でも、現役で活躍するあの人もこの人ももらっているわけである。

それに、高校の野球部の部長の権力といったら、
部員にとっては、YESしか言えない恐ろしいほど立場の人物。

だから、学生のせいにしては正直かわいそうなのだ。


部長なり親なりが西武ライオンズと契約してしまったために彼の人生は狂った。

大学卒業後西武ライオンズに入団が決定していることで、油断が生まれたのだろう。
でも、4年はあまりにも長すぎる。4年は、だめな選手になるには十分な時間だ。
そりゃそうだよ。
4年後に契約金1億円以上もらえちゃうんだよ。
契約結んでたりしちゃえば、そりゃもう確約されたようなもんなんだから。

でも、でも、でも、でも、

お金があるということは、契約も破棄できるのだよ。
お金払えば!!

そう、契約は破棄できるんだよ。 
そういう意味でも、プロの世界は怖いのだ。
 
まぁ、高橋由伸の事実くらいは公表してほしいものだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック