プロフェッショナル 仕事の流儀 ~大瀧雅良とは?!~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送を深夜にやっていた。
偶然見たのが、2006年6月1日にOAされた
清水市立商業高等学校教諭の大瀧雅良の回であった。

 
いやいや勉強になりました。

こういう先生が必要だと思うのですよ。
っていうか、私が小中学生の頃はいたわけですよ。
生徒や生徒の親に迎合しない教師が。

 

自分の考えた答えだけが、自分のものになる
答えを教えがちだが、答えを教えてはいけないのだ。
そして、ひとりひとりの生徒の目を見て話す。
大切だ。

 

勝つことより大事なこと
身だしなみが悪いとか、注意できない教師が多い。
ルール違反で勝ってもしょうがないのだ。
世の中のルールが守れないのに、サッカーのルールが守れるはずがない。

 
衝突を恐れない
これがかなり難しい。
相手の悪いところを指摘しあい、向上させる。
これはお互いが本気だから成立するのであろう。
中途半端にやることは、恐ろしい。

悩みの先にしか、答えはない
開き直らざるを得ない環境を作らせる。
これも賭けだ。経験がものを言うのであろう。
 
いや~とにかく泣いてしまったこの番組。

なぜなのか?
それは、大瀧雅良が常に真剣だからである。
小野伸二がシドニーオリンピック予選中に怪我をした時も
小野伸二が気を抜いたからだといって「怪我をして当然だ」と言った。
 
一方、ワールドカップフランス最終予選前半4試合で1勝しかできず敗退濃厚だった
川口能活に
「厳しいとき、苦しいときー力を発揮するのが日本男児。逃げるな、正面から戦え。
自分を信じて、仲間を信じて・・・」

と言ったのも大瀧雅良だった。
このエピソードに対して、司会の住吉美紀も涙を流したほど。

 
ちなみに、清水商業出身選手は
風間八宏(元サンフレッチェ広島)
真田雅則(元清水エスパルス)
三浦文丈(元FC東京)
藤田俊哉(名古屋グランパス)
大岩剛(鹿島アントラーズ)
薩川了洋(元柏レイソル)
名波浩(東京ヴェルディ1969)
山田隆裕(元ベガルタ仙台)
平野孝(元横浜F・マリノス)
川口能活(ジュビロ磐田)
田中誠(ジュビロ磐田)
佐藤由紀彦(柏レイソル)
安永聡太郎(元柏レイソル)
小野伸二(浦和レッズ)  
小林大悟(大宮アルディージャ)
平岡康裕(清水エスパルス)
と主な選手だけでもそうそうたるメンバーなわけです。
 
これだけの選手を輩出するには監督の育て方が影響していることは
間違いないであろう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック