猫タクシー ~カンニング竹山もいいけど、山下リオもいい~

カンニング竹山の連続ドラマ初主演作品は「猫タクシー」
http://www.nekotaku.info/tv/

これがなかなかおもしろい。
カンニング竹山のダメさ加減演技が上手でなんだかいい。
鶴田真由の妻も優しくて、改めていいなと。
「御子神さん」もかわいい。

ちなみに、「猫タクシー」を製作したのは、ねこタクシー製作委員会。
この委員会には、AMGエンタテインメント・アミューズメントメディア総合学院・tvk・
テレビ埼玉・チバテレビ・三重テレビ・KBS京都・サンテレビ・札幌テレビ放送・
TVQ九州放送・NTTぷらら・竹書房が参画している。
なので、キー局で放送されていない。

だから・・・と期待していなかったが、きちんと作られている。
何が大きな事件が起こるわけでもないけど、何気なくをきちんと描いていて楽しめた。
【あらすじ】

間瀬垣勤、40歳。元教師。現在タクシー運転手。仕事も家庭も、やる気ゼロ。
そんな間瀬垣の前に現れた、一匹の野良猫、「御子神さん」。
間瀬垣は、御子神さんを助手席に乗せ、「ねこカフェ」ならぬ「ねこタクシー」を開業する―。

2008年「ネコナデ」、2009年「幼獣マメシバ」のスタッフが三度集結してお贈りする新動物シリーズ「ねこタクシー」が、
満を持して放送開始します。

コミュニケーション不足が嘆かれる現代。
自分に自信がなくて、つい落ち込んだり、イラついてみたり。
そんな現代人が抱える「不安と憂鬱」。

中年男と猫との交流、そして、彼らを優しく見守る家族の姿を通して、
心の中にふわふわ浮遊しているやさしい気持ちを描いていきます。


本作は、日本一人付き合いが苦手なタクシー運転手と、「御子神さん(みこがみ)」という名のふてぶてしい野良猫が「ねこカフェ」ならぬ「ねこタクシー」を開業するストーリー。

タクシー運転手の間瀬垣役を演じるのは、レギュラー・準レギュラーを10本以上持つ超多忙芸人「カンニング竹山」。本作は連続テレビドラマ初主演となる。もう一人の主役、「御子神さん」を演じるのは、オスの三毛猫「みーすけ」(8歳)。オスの三毛猫は「福猫」と呼ばれ、その出生率は1万分の1とも10万部の1とも言われている大変貴重で珍しい猫。

間瀬垣の妻役には鶴田真由、娘役には山下リオ、その他にも甲本雅裕高橋長英山田明郷などの実力派俳優陣が物語を彩っていきます。


あなたは、人生に行き詰っていませんか?
いつからだろう。自分が、こんなに「オーラ」を無くしてしまったのは…
年齢や環境が、生き甲斐や想像力を変えてしまって、なんとなく生きてきた。
何でもいいから、背中を押して欲しい。
これは、そんな誰もが持っている「きっかけ」の物語。

がんばりたいけど、がんばり方を忘れてしまったすべての人に贈る、ハートウォーミング「ねこ」ストーリーです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック