アスリート・ドキュメント WILL ~船木和喜が現役でいるかっこよさ~

テレビ東京で「アスリート・ドキュメント WILL」が始まった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/23050_201401082358.html
これが素晴らしい番組で、なぜ深夜で?というクオリティ。

第1回目が、長野オリンピック金メダリスト船木和喜。
驚いたことに、今でも現役を続行してジャンプしているということ。
原田雅彦が解説で登場するのを見て、勝手に引退しているものと思ってた。

引退どころか、勤めていたデサントを退社し、自ら会社を立ち上げていた。
http://www.fitsports.jp/

長野オリンピックの栄光は、いつまでも語り継がれる。
いつみても、泣けてしまう団体の映像。
ただ、船木和喜の競技人生は今でも続いている。

ソルトレイクオリンピックの敗因をルール変更としなかった
気持ちに心が熱くなった。
「ヨーロッパのスポーツだから」と。

世界に発したい言葉があるから、メダルを目指すことをやめない。
かっこいい。
船木和喜はメダルを取った時に、なんて言うんだろう。
その言葉聞きたくなり、船木和喜を改めて応援したくなった。

素晴らしいドキュメンタリーであった。
毎週この番組が見られることは幸せだ。

テレビ東京やるな!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック