朝ズバッ! ~井上貴博アナが良すぎただけに~

いろいろあった「朝ズバッ!」が終了。

なぜ打ち切られたる必要があったのか。
みのもんた降板後、実にすばらしい番組に育っていた。
とにかくチームワークの良さがあふれる番組であった。

それは井上貴博アナウンサーの最後の言葉が表していた。
「250人のスタッフとともに戦ってきました。ありがとうございました」
なかなか言える言葉ではない。
この半年間屋台骨を失いながらも戦い続けてきた
井上貴博アナウンサーの本音だろう。

実に残念。

こんなにも局アナが育ったはずなのに、TBSはなぜか夏目三久。
自身の局のアナウンサーのモチベーションを考えたら、よくわからん。

美馬怜子「今の私は、降水確率100%です」という名言も忘れてはならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック