報道特捜プロジェクト ~飲酒運転は即刑務所行きではだめなのか?~

飲酒運転がいけないということをいろいろな場面で
伝えられているにもかかわらず、無くならない。
なぜだ?本当に不思議でならない。


今回「報道特捜プロジェクト」で取り上げたのは、
飲酒運転者ではなくその同乗者である。つまり、幇助者である。

今のところ、同乗者は起訴されないというのが通例だそうだ。
なんでなんだろう。

救護もせずに、逃げたのは運転手と同罪だ。
その幇助者が何も罪に問われないのはナンセンス。

 

遺族にしてみれば、見殺しにされた。
なのに、刑罰も受けずに生きているなんて、許せない。
この手で・・・って思ってもまったく不思議でない。


なんかいじめと一緒じゃないか。
弱いやつに飲ませればいいんだよ。
だって、そいつが運転すれば事故を起こしても、弱いやつのせいだから・・・

っていう、発想は簡単にできる。そんなこと助長してどうするんだ。
 
本当に心から思う。
飲酒運転者は、即刑務所に行くべきだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック