イグアナの娘 ~名作を再度見よう!~

私のベスト10に入るドラマ「イグアナの娘」。
2013年にテレ玉で再放送していた。貴重すぎて改めて見始めた。

大人になった菅野美穂が娘と一緒に話をするシーンも印象的な作品である。
ドラマの最初はこのシーンから始まる。

川島なお美はいったいこの時いくつだったのだろうか?
調べず、疑問のママにしておきたい。

初回は、特に菅野美穂=イグアナのシーンが多用される。

衝撃的なのは、この初回だけで菅野美穂は2回死に直面している。
1回目は幼少期に川島なお美に川に沈められそうになり、小学生の頃には自ら入水自殺を図る。
それを岡田義徳に助けられる。

そして重要な佐藤仁美の登場である。
この「イグアナの娘」を名作にしたのは、今はその面影もない?佐藤仁美なのだ。
本当に残念だというのが正直なところである。

1話はかなりテンポが速く、一気に話が進んで行った。
当時はそんなことは何も考えずに見ていたが、このテンポの速さも好きだったのかもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック