イグアナの娘 ~小嶺麗奈が広島美香に続いて演じた橋本かをり~

「イグアナの娘」第3話「高原の夜、初めての・・・・・・」
1996年4月29日OA 視聴率8.1%。

小嶺麗奈も「イグアナの娘」を魅力的にした女優の一人である。

小嶺麗奈と言えばの、ふとした疑問、
「3年B組金八先生 第4シリーズ」の広島美香と
「イグアナの娘」の橋本かをり、どちらが先だったのか?

調べてみると、広島美香(~1996年3月)が先で
そのまま橋本かをり(1996年4月~)を演じていた。

悪い表情をするんだけど、どこか優しい表情をするのが印象的な女優。

その後主演ドラマはないのだけど女優さんとして活動中。
なんだかどっかでチャンスを逃してしまったようで残念な女優である。

話を「イグアナの娘」に戻して、

高原に行って帰れなくて、田舎駅で始発を待つ男女。
そして、その反対側のホームで見守る片思いの女子。

って、言葉にするだけでなんだかせつない。

そのシーンの菅野美穂と岡田義徳と小嶺麗奈が初々しくていいんだよな。

それもこれも携帯電話が全く邪魔しない時代だったからだ。
携帯があったらこういう話はひとつも成り立たない。

ドラマにとって、携帯電話は負の産物である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック