雨と夢のあとに ~おいしいなぁー上川~

タイトルは6月3日OAの次回予告についての感想です。ごめんなさい。
キャラメルボックス役者が多く出演するかと思いきや、看板の3人だけか・・・
それにしても、西川さん浮きすぎだなぁ。知らない人は引きまくりの演技でしょ、あれって。

ということで、「雨夢」第8話。

このドラマのいいところは、奇麗ごとばかりではない点だ。
前回の矢沢心もそうだし、今回の隣の病室の男性も、
朝晴とは180度違った心残りがあり、幽霊として残っている。
そして、彼らも朝晴同様に、その心残りを無くすために行動している。
その心残り内容が違うだけで、あれだけ結果が異なる。
分かるなぁ。いろいろな思いをして亡くなった人っているから・・・

「ラストプレゼント」の両親との田舎のシーンも泣きまくりだったけど、
今回も良かった。
最後に、父親が朝晴の腕を握るシーン。朝晴がよけたにも関わらず、再度
ギュッと!!感涙です・・・強い父親はかっこいいですね。
自分が幽霊だなんて、よくわからない状況を受け入れられるのは、親子ならではでしょう。
何十年会ってなくても、何十年連絡してなくても、親子は親子なんです。
父親に自分自身が見えたときの、朝晴の表情は忘れられない。

ドラマの全体は大きく進展しました!!
木村多江はやっぱり幽霊だった!!んですね~ 
やっぱりという反面何か悲しい・・・
そして、もこみちが、朝晴の事実を知り、今後の展開にどう関わってくるのか??

来週は、満を持して上川隆也登場!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック