64(ロクヨン) ~ピエール瀧がNHKで主演するなんて~

NHKで、横山秀夫といえば「クライマーズ・ハイ」
2005年12月に放送された。

それから約9年半。再び両者がタッグを組んだ作品が「64(ロクヨン)」
ピエール瀧主演。

ある一つの女児誘拐殺人事件を軸としたサスペンス。
これがなかなか見ごたえのある作品である。

ご存じのとおり、横山秀夫は群馬県の上毛新聞社に勤務していた。
そして、その記者当時に起きた日航機墜落事故をヒントに描いたのが「クライマーズ・ハイ」ということは有名。

「群馬」「誘拐事件」で思い出されるのは、功明ちゃん誘拐殺人事件。
この事件も、横山秀夫の勤務中1987年に事件が起きている。
残念ながらこの事件は未解決のまま時効を迎えている。
私も当時群馬に住んでおり10歳。よく覚えている。
その後も、高校時代の友人が功明ちゃんの自宅近くに住んでいることを話した記憶がある。
その事件をヒントに書かれたのであろうか。

それにしても、身代金を払うまで段田安則の演技は鬼気迫るものがあり見入ってしまった。
犯人の声を複数回聴いているのが段田安則というのがミソなのかもしれない。

山本美月かわいいなぁ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック