アルジャーノンに花束を ~なぜ今リバイバルさせたのか??~

期待半分不安半分で見始めた「アルジャーノンに花束を」

不安が的中した形だ。
何を楽しみにこの作品を見ればいいかが正直わからない。
見た後ですら、この1時間何を見ていただのだろうと思ってしまう。

生瀬勝久がほぼ悪役キャスティングされるように、谷村美月は不幸な役柄が多い。
こういうキャスティングは、プロデューサーの能力の低さを表している。
役者に期待する意外性のあるキャスティングこそが、作品の強みにもなるはずなのだ。

なんなんだろう。ほんと誰にもひかれない・・・
原作は、超が付くほどのロングセラー。
魅力的でないはずがないのだから、とにかく残念。

だから、なぜ今リバイバルさせたのか?なのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック