2007年05月26日

生徒諸君! ~見たら見たでおもしろいが・・・~

「ホテリアー」をさらに下回って低迷している「生徒諸君!」

内山理名が相当がんばっている。これは認める。
ただ、ただ・・・

そのがんばりが浮き気味なのが悲しい。
 
演出が悪いのか、脚本が悪いのか?
っていう話なんだけど、実はそんなに悪い感じもしない。

特に脚本は、渡邊睦月なのでひどいのかと思いきやそうでもない。
決して良くわないけど・・・

原作が良いのであれば、脚本に十二分に責任がある。
なんでこの人に仕事来るんだろうか・・・

実は、この作品がOAされていることが
知られていないんじゃないかと思う。

もっと知ってもらえれば、視聴率5%台は叩き出せないだろう。
テレビ朝日と朝日放送はもう一度認知促進方法を検討するべきだ。

posted by ようすけざん at 14:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そのがんばりが浮き気味なのが悲しい。

 今の時代、熱血教師は「ウザい」で片づけられてしまう時代。尚子の教師像自体が共感しにくいのかもしれませんね。
 あとは生徒たちを傷つけた山の中の事件。
 どう見てもリアリティがない。子供たちを放り出して、結果死んでしまえば、もっと大きな責任になるのにそれをしない。親たちも事件の教師や学校を告発すべきなのにそれをしない。その辺にリアリティを感じません。まだ「わたしたちの教科書」の様に裁判にした方が現在のドラマという機がします。


Posted by 平成エンタメ研究所 at 2007年05月27日 09:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 12:56

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 00:09