砂時計 ~おばあちゃんの偉大さ~

杏のおばあちゃんが亡くなった。

大吾と杏の両者の苦労や心の葛藤を、
唯一知る人物といっても過言ではない。

逆にいることが杏と大吾を安心させてしまっていたかもしれない。
 

おばあちゃんの手紙も良かったし、お父さんの一言も涙が止まらなかった。
やっぱり肉親は、肉親なのだ。

愛する人のために生きたい。誰かのために生きたい。
こう思えることって、とっても幸せなことだ。 

結婚してそう思えるし、子供が生まれてもそう思える。
 
いよいよクライマックス。
大吾はあきらめずに砂時計を探しに海岸へ行く。

あかねは歩けるように。
椎香は?藤は?
どうなるか楽しみでしょうがない。

ただ、最終回の数分前まで杏と大吾の恋は落ち着かないのだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 逆のダッチ人形!
  • Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
  • Weblog: NYようすけ
  • Tracked: 2007-05-31 11:58
  • 四日で50マン(笑)
  • Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
  • Weblog: 林田
  • Tracked: 2007-06-02 23:52