恋におちたら ~恋におちたりするの、いつ??~

強引なタイトル過ぎて、このドラマ将来記憶に残らないんだろうな~
そもそもラブストーリでもないのに、「恋におちたら」って・・・
恥ずかしいって。
まぁ、タイトルは良しとして、話は予想通りの展開。

でもなぁ、高柳が飛び降りそうになるなんて、いかがなものかなぁ。
それだけ、ショックということが伝えたいということなのだろうが
あまりにも安易過ぎる。この脚本演出は失格だ。

ただ展開が速いのは、この作品の命であり今回も継続されていたことは評価できる。
役員会の動議も、もう少しテンポがよくてもよいかと思ったが、
必要最小限のシーンで済ませていたので、見ていても引きこまれた。

それにしても、山本耕史がこんなにも活きている役は、「ひとつ屋根の下」以来だ。
(新撰組リタイヤ組なので、評価できませんのではずしてます)
住友林業もよかったのでは?

ラストでは、高柳と島男が組むことが容易に想定されるが、どんでん返しはあるのか?
う~ん、警備員の金田が一気にのしあがるとか
サトエリがキューティーハニーになるとか
高柳が他の外資の力を借りて、ロイドを潰す?ありえない・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック