S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE ~なぜこんな映画を制作したか?~

2014年1月クールの日曜劇場で平均14.2%の視聴率を取った「S-最後の警官-」。
その映画版が地上波初放送。
にもかかわらず、オンエアが1月3日とはいうものの、深夜1時05分~という意味深さ。

そもそもこの映画化のタイミングが全くの意味不明だった。
2014年1月クールの連続ドラマだったにもかかわらず、
映画化は2015年8月29日公開。
こんなに待ってでも見たいと思った人がどれだけいたのか。
TBSの戦略はなんだったのか。

大人の事情があるのかもしれないがありえない。

そして、作品を実際に見てみて分かったのだが、とにかくつまらない。
役者を盛大にキャスティングしたものの、中身がとにかくない。
本当にノーカット??っていうくらい、話がブチブチときれまくり。

正月から見て損してしまった・・・

連続ドラマは楽しめたのになぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック