富士ファミリー2017 ~年始定番になってほしい、安定の木皿泉作品~

2016年1月2日に放送された木皿泉脚本の「富士ファミリー」
くだらない場面多数なんだけど、ほっこりする感じが良かった前作。
”ナスミ”が”カスミ”になるあたりは、思わず「うまい」と言ってしまった。

その続編が2017年1月3日に「富士ファミリー2017」として放送。
中村ゆりか演じた”カスミ”は今回は出ず、東出昌大が”ぷりお”として出演。

片桐はいり、マキタスポーツ、小倉一郎のトリオ見ているだけで
いい正月になったなぁと単純に思える掛け合い。

たいして何もおきないんだけど、人の心が動いているドラマっていい。
「おはぎちょうだい」
なんだか言ってみたくなるフレーズ。っていうか、娘がすでに気に入って言ってる・・・

ラストシーンのハート、印象的。
そして、続編をにおわせる展開。

一つだけ気になったのは、アテレコのボリューム感。
遠くにいるのに、すっごい近くでしゃべっているという超違和感。
線路での小泉今日子と羽田圭介のシーンが特に。
もう少し何とかなったんじゃないかなぁ。
もったいない、残念。

富士ファミリー [ 薬師丸ひろ子 ] - 楽天ブックス二度寝で番茶 [ 木皿泉 ] - 楽天ブックスすいか(1) [ 木皿泉 ] - 楽天ブックス
すいか(2) [ 木皿泉 ] - 楽天ブックス昨夜のカレー、明日のパン [ 木皿泉 ] - 楽天ブックス道草(愛はミラクル篇) [ 木皿泉 ] - 楽天ブックス木皿泉〜しあわせのカタチ〜DVDブック [ 木皿泉 ] - 楽天ブックス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック