2017年01月23日

東京タラレバ娘 〜吉高由里子はこういう役が一番はまる〜

日本テレビ水曜22時枠の2017年1月クールは東村アキコ原作「東京タラレバ娘」

吉高由里子は「花子とアン」以来2年3か月ぶりのドラマ出演。
ちょっとぽっちゃりした感じは、ゆっくりと充電した様子。

っていうか、吉高由里子は意外と連続ドラマの主演は張っていない。
「花子とアン」以外だと、「美丘-君がいた日々-」(2010年7月クール)のみ。

その「美丘」について7年前記事を書いていた。
その時に書いたのが下記の内容。

吉高由里子って、不思議な女優である。

「蛇にピアス」で、ヌードになって
「ラブシャッフル」で、リストカッターで
「東京DOGS」で、って見てなかった・・・1話も。

そんな吉高由里子は果たして、演技が上手なのだろうか??
微妙である。
はっきり言って上手じゃない気がするのだが、
独特の役を獲得することで、独特の演技でうまさを演出している気がするのだ。

と、今でもこの気持ちは変わっていないし。今回も同じようなことを描こうと思っていた。

ツイッターも独特で、面白い。

ということで「東京タラレバ娘」。
テンポもよくて見やすいし、何より画面全体から伝わってくる楽しい雰囲気がたまらなく良い。
導入なので、アラサー3人はまだどうとも転がっていないのだが、3か月楽しそうな布陣ということだけはわかった。
posted by ようすけざん at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック