2017年02月06日

プロフェッショナル 仕事の流儀 〜倉本聰のこだわりの深さ〜

「プロフェッショナル 仕事の流儀」 脚本家・倉本聰。

誰もが知る「北の国から」の脚本家倉本聰。82歳だそうだ。
「北の国から」の初回は1981年10月9日。
今から約35年前だから、倉本聰47歳の時。どうでもいいが、私が4歳の時。

先日も記事にしたが
テレビ朝日で2017年4月からテレビ朝日で平日帯2クールの脚本を執筆するという。
っていうか、今回のプロフェッショナルで、すでに書き上げていることが明らかとなった。

とにかく、セリフへのこだわりが半端ない。
石坂浩二、八千草薫にアドバイスできる人はそうもいないだろう。
なんだか、NHKを見ているのにテレビ朝日の番宣を見ているようでもあった。

「走る」という舞台見てみたいが、
「走る」舞台で私が最も素晴らしいと思っているのは
ランニングシアターダッシュということは付け加えておきたい。

それにしても、黒板五郎が3人も妊娠をさせていて、
「一発のゴロ」って呼ばれていた・・・というのはほんと衝撃的過ぎた。
posted by ようすけざん at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  プロフェッショナル 仕事の流儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック