とんねるずのみなさんのおかげでした ~とんねるずコントの独特さ~

「めちゃイケ」と同じ2018年3月で、「とんねるずのみなさんのおかげでした」も終了。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」「とんねるずのみなさんのおかげです」について、
2005年に始めたこのブログで書くのは初めてということに驚いた。

小・中学校時代は一番好きだった番組で、見ないと学校で話題についていけなかった。
でも、木曜夜は剣道を習っていたので、19:30~21:00の稽古が終わると急いで家に戻ってみていた。
当時ビデオはあって録画していたが、後追いで見られるわけではないので、
途中からオンタイムで見て、見られなかった部分を後か見るということをしていた。


とにかく”すごい”と”くだらない”と”意味不明”が代わる代わる押し寄せる番組だった。

”すごい”は、お金と時間がかかっているすごさ。
マイケルジャクソンのPVコピーをはじめ、クオリティの高さにかっこよさを感じていた。

”くだらない”は、何も考えず純粋に笑えるくだらなさ。
もじもじくん、仮面ノリダー、保毛尾田保毛男、太陽にほえるな!、貧乏家の人々、
ほんとほんと面白かった。
映像が頭に浮かぶのだから、青春時代に洗脳されてしまったのだろう。
それくらい、何も考えなく笑っていた。

”意味不明”は、大人の笑いが意味不明だった。そこに憧れがあったのは間違いない。
大人になってその理由を知って、「みなさんのおかげです」を思い出すこと多数。

そして、何がすごいって、歌を聞かせた番組ということ。
バラエティ番組で歌手の歌が流れる番組は「8時だョ!全員集合」くらいだった。


そんな大好きだった番組について、このブログに書いていないということは
この15年くらいほとんど見ていなかったということだと、改めて気づいた。

今回、コント復活ということで見た。
”すごい”と”くだらない”がたっぷりの世界で、私はもちろんのこと、娘たちも爆笑していた。

ラストまで見てみよう。

それにしても、伊藤英明の涙には引いてしまった・・・
私より1歳歳上だから、気持ちはわからないでもないが。
とんねるずのみなさんのおかげでBOX【保存用】 [DVD] - とんねるずのみなさんのおかげでBOX【保存用】 [DVD] -

この記事へのコメント