平成物語 ~良作。青春っていい。~

岡山天音主演、松本穂香ヒロインの「平成物語」第2話。
「平成が終わる。 僕たちは、何者になれたのだろう。」がテーマ。

第2話は、岡山天音片山友希が結婚したことがわかるシーンから始まる。
こういう構成もシンプルで好きだ。

そこから一気に過去に戻り、岡山天音松本穂香
どのように平成を生きてきたかを描いている。
取り立てて何も起こらない。普通のカップルの話と言ってしまえばそれまで。
でも、それがシンプルにきれいに描かれていた。

フジテレビはもっと浅い時間で、平成生まれのキャスト・スタッフにかけるべきだった。
それくらい魅力的な作品だった。

それにしても松本穂香が20歳を超えている感じがしなくて、
「うそつき、なんもしないっていったじゃん。」
「ねぇ、見すぎ」
という確信犯的なセリフにドキドキしてしまった。

この記事へのコメント