2018年04月13日

女王の教室 ~13年ぶりの「女王の教室」~

TVerで「女王の教室」が配信されていた。
2005年7月クールの作品で、その後は見ていないので実に13年ぶり。
いまや知らない人はいない志田未来の「テヘ」も13年ぶりに見た。

第1話を改めて見ると、いきなりトップギアで、
このドラマで言いたいことは第1話最初の20分で言い終わっていた。
あと全部見なくても良かったんじゃないかっていうくらい。

第1話のあらすじは

この物語は、悪魔のような鬼教師に、小学6年の子供達が戦いを挑んだ一年間の記録-------
新しく6年生になる神田和美(志田未来)は、始業式の日、自分が通う半崎小学校に阿久津真矢(天海祐希)という新任の教師がやってくると知った。母・章子(羽田美智子)の話によると、真矢は2年間現場から離れてはいたものの、受け持った生徒の成績を必ず上げ、私立への合格者も出す優秀な教師らしい。だが、姉の優(夏帆)は、真矢に関して信じられないほどの恐ろしい噂があると言う。
面白い学年主任の並木平三郎(内藤剛志)、優しいお姉さんのような天童しおり (原沙知絵)らに迎えられて校門を入った和美は、すぐにクラス替えの表示を見た。和美は、親友の恵里花(梶原ひかり)と同じ3組。喜んだのも束の間、3組の担任が真矢だと知らされる。
そして、教室に現れた真矢は、いきなりテストをすると告げた。さらに、毎週実施するテストでの成績上位者には、さまざまな特権が与えられ、成績が一番悪かった2人は、クラスの雑用を全て担当する“代表委員”をやらなくてはいけないと言う。差別だと講義する生徒たちに、現実の社会は、特権階級とそうでない階級に分かれ、たった6パーセントの特権階級が幸せを享受している、と説明した。黙り込んでしまった生徒たちに、真矢は、勝ち誇ったように、テスト用紙を配り始める。
これが、阿久津真矢の恐怖の指導の始まりだった……

志田未来うまいなぁ。
うますぎて、ほんと感心する。

福田麻由子もほんとうまい。
いい表情する。

松川尚瑠輝も本当に素晴らしい。
松川尚瑠輝がいなかったら、志田未来も活きなかった。

そして、伊藤沙莉の存在もいい。
表情の作り方も声も今とあまり変わらなくて、なんか見入ってしまう。

それにしても、よくよく見ると突っ込みどころ満載。
今はきっとコンプライアンスの問題で地上波で放送されることもないだろう。
給食を与えない、なんて人権問題とかすぐになってしまう。
トイレに行かせないなんてもってのほか。
志田未来が漏らしてしまうシーンなんて放送コードぎりぎり。

それだけにTVerで見られたのは貴重かも。

posted by ようすけざん at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) |  女王の教室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください