ラジカセ ~滝藤賢一と向鈴鳥が好演~

NHK三重発地域ドラマ滝藤賢一主演「ラジカセ

まず何より、HPトップの滝藤賢一と向鈴鳥の二人の表情がとても良い。
これだけで作品を思い出して、見てよかったなと思う。
滝藤賢一はドラマの中ではこの笑顔は見せない。)

そして、最近引っ張りだこの安藤玉恵。
女忍者役がはまっていたキムラ緑子という脇のキャスティングも最高だった。

そして、脚本の大野敏哉が丁寧な脚本を書き、
桑野智宏が伊賀の街の魅力を活かし、映像を丁寧に作った。
丁寧に作ったからこそできた作品だと思う。
それくらい、素晴らしい作品だった。

ぜひ未見の方は見ていただき。

ちなみに、滝藤賢一は昭和家電収集家の男を演じた。
この昭和家電収集家にはモデルがいて、それが「昭和ハウス」の館長・冨永潤さん。
こういう方もいるんだなぁ。

それともうひとつ今回は初めて知ったのは、
滝藤賢一と私が同じ学年だということ。

この記事へのコメント