2018年04月26日

未解決の女 ~さすがの大森美香脚本~

好調のテレビ朝日木曜21時枠。
2018年4月クールは、麻見和史原作 大森美香脚本 波瑠主演の

大森美香脚本 波瑠主演と言えば「あさが来た
伸び悩んでいた波瑠の才能を見事に開花させた作品である。

ごめんね青春!」の波瑠を見たときに冴えないな、
という印象を持ったこと今も強く覚えている。

その後、「あさが来た」のヒロインに抜擢される。
実は、「てっぱん」、「純と愛」、「あまちゃん」の
オーディション落選後の4度目の挑戦だったということ知った。
そう考えると当たり前の話だが「あさが来た」が波瑠の女優人生を大きく変えたわけだ。

その後は、ご存知の通り

世界一難しい恋」(2016年4月13日~6月15日:日本テレビ)
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(2016年7月12日~9月6日:関西テレビ)
お母さん、娘をやめていいですか?」(2017年1月13日~3月3日:NHK)
あなたのことはそれほど」(2017年4月18日~6月20日:TBS)
新春ドラマスペシャル 娘の結婚」(2018年1月8日:テレビ東京)
もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」(2018年1月13日~3月17日:日本テレビ)

とテレビ朝日を除く5局のドラマにおいて主役もしくは主役級で出演している。

役が波瑠を進化させていったということだろう。

未解決の女 警視庁文書捜査官」でも、鈴木京香とのバランスが良い。
また大森美香の脚本がしっかりしているので1時間のドラマとして見やすく仕上がっている。

そして、周りを固める役者のキャスティングがすごい。
沢村一樹・高田純次・遠藤憲一・光石研って、贅沢すぎやしないか。
テレビ朝日のキャスティング力恐るべしである。

第2話も原作がしっかりしている話なのであろうが、
ドラマとして十分に見応えのある作品であった。
posted by ようすけざん at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください