青春高校3年C組 ~宇都木彩乃が順当に~


の中で合格したのは

これは順当な感じ。
第2週に続く見どころのあった週だった。

この番組の存在意義を確認したのが、荒城凪沙が最後に
「小中高と学校に行けず・・・」
とコメントしたこと。
荒城凪沙が5日間きちんと毎日学校に来て、テレビの前で授業を受ける。

残念ながら5日間でこのチャンスは終わってしまったが、
学校に来るきっかけがこの「青春高校3年C組」にはあったということ。
これは単なる1バラエティ番組の枠を超えているということだ。

機会が人を変えることはいくらでもある。
その機会が「青春高校3年C組」にはある。
ぜひいろいろな若い人にその機会をつかんでほしい。

これで入学者は、

と2か月弱で13人。
半年で1クラスで来てしまう感じかな。

この記事へのコメント