中居正広の金曜日のスマイルたちへ ~西城秀樹と野口五郎の青春物語と中居正広の卓越したヒアリング能力~

「金スマ」については、
以来、12年半ぶりの記事。

野口五郎は一度「金スマ」への出演を見送ったと言っていた。
でもこうやって出演したのは、中居正広がMCだったからではないだろうか。

今日の「金スマ」を通じて、
中居正広は一貫して、野口五郎に無理やりしゃべってもらおうと姿勢は皆無だった。
だからと言って、中居正広がしゃべらない。
野口五郎が話したいことを話してもらう。
だから、中居正広は徹底的に聞き役に回った。

ここが中居正広の天才的な能力である。

今日の「金スマ」のラストでも、西城秀樹のVTRのあと野口五郎からは言葉が出なかった。
そのあと中居正広は「うん」としか言わなかった。
「五郎さん、どうでしたか?」と聞きたいところだが、中居正広は聞かなかった。

そのあとに、野口五郎が発した言葉は「うん」だった。

これがすべてだ。

私たちは生きている。
行間が読める、これだけですべてわかる。
一つ一つの気持ちを、言葉ですべて説明する必要はない。



完全に余談だが、
「秀樹、還暦」
これが聞けただけで、コサキンリスナーには大満足なのだ。

この記事へのコメント