2018年07月30日

透明なゆりかご ~安達奈緒子脚本と清原果耶主演が良い~

2018年7月クールのNHKドラマ10は、
沖田×華原作 安達奈緒子脚本 清原果耶主演「透明なゆりかご


原作の沖田×華は、”おきたばっか”と読むらしい。
そう、”起きたばっか”ということから来ている。

脚本の安達奈緒子は、
2003年第15回フジテレビヤングシナリオ大賞の大賞受賞者。

その後、少しのブランクを置いて

大切なことはすべて君が教えてくれた(2011年1月クール:フジテレビ)
「リッチマン、プアウーマン」(2012年7月クール:フジテレビ)
「Oh,My Dad!!」(2013年7月クール:フジテレビ)
「失恋ショコラティエ」(2014年1月クール:フジテレビ)
「She」(2015年4月クール:フジテレビ)
「大貧乏」(2017年1月クール:フジテレビ)
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」(2017年7月クール:フジテレビ)

とフジテレビの連続ドラマをほぼ毎年1本書いている。
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」について、3rd seasonから担当したが
きちんとヒット作として仕上げた。
長年続く作品を途中から引き継ぐというプレッシャーは計り知れない。
そのような中きちんと結果を出したこことが素晴らしい。

その合間でNHK作品もしっかり執筆していた。

「その男、意識高い系。」(2015年3月~4月:NHK BSプレミアム)
「ふれなばおちん」(2016年6月~8月:NHK BSプレミアム)

その流れもあり今回の「透明なゆりかご」ということなんだろう。


そして、ドラマ初主演の清原果耶
2015年9月から放送されたNHK連続テレビ小説
あさが来た」のふゆ役は、初々しくて印象的だった。


清原果耶は、2002年1月30日大阪生まれの16歳。
アミューズ所属で、ファッション雑誌「Seventeen」専属モデル。
透明なゆりかご」では、17歳の高校の准看護学科に通う生徒役。
今回も変わらず魅力的である。


透明なゆりかご」第2話。
大きく二つの話が進行する。どちらも考えさせられる。

一つは、1型糖尿病保持者で網膜症も有る平岩紙。
一旦は妊娠継続を断念しようとするが、本人の強い希望で妊娠を継続する話。

二つは、出産後赤ちゃんを捨ててしまう高校生(蒔田彩珠)

とにかく清原果耶の全身からつたわつかんじょう表現がたまらなく良い。自転車をこぐシーンには見とれてしまった。

とにかく今のところ今クール一番見たい作品である。
posted by ようすけざん at 01:02| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください