2018年08月07日

半分、青い。 ~朝ドラの域を超えた朝ドラへの展開~

半分、青い。」の3分の2が終了した。
やっとではなく、あっという間だった。ここまで離脱したいな、と思わなかった。
北川悦吏子への不安は杞憂に終わり、楽しく見させていただいている。


「オフィス・ティンカーベル」編からの展開がつらい。
豊川悦司がいたことで、多少厳しい展開も乗り越えられた。

だけど、斎藤工・間宮祥太朗が登場してからは一見明るそうで相当重い。
若村麻由美の
「良い人は駄目。この世界で生き残るのは悪い人間」
という台詞が重すぎた。
これこそが「半分、青い。」なのかもしれない。


そして、間宮祥太朗の朝ドラの枠はるかに超える役。
いや~、不愉快すぎるけど見てしまう。

これ北川悦吏子の半生なのではないだろうかと思ってしまう。
色々ない人がいることを凝縮して描いているのだろう。

さぁ、あと2か月弱どう展開されフィニッシュするのだろうか。
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください