病院ラジオ ~サンドウィッチマンだからできる企画~

2018年8月9日にNHKで放送されたサンドウィッチマン出演の「病院ラジオ」。



内容は知らず、タイトルとサンドウィッチマンに魅力を感じ、見てみた。

病院にラジオ局があったら、どんな思いが聞けるだろう。サンドウィッチマンの2人が、
大阪の国立病院に出向き、2日間限定で、手作りの出張ラジオ局を開設。
患者や家族から、病気と向き合うなかで、普段なかなか言えない本音を聞き出していく。
病気になって気づいた人生の喜びや悲しみ。その思いを、リクエストした曲にのせて届けていく。
ラジオを通じてさまざまな思いが交錯する、新しい形の感動ドキュメンタリー。

という内容。

結論から言うと素晴らしい番組だった。

舞台は、大阪府吹田市にある国立循環器病研究センター
photo

国立循環器病研究センターの中庭にテントを張り、2日間限定のネットラジオ局を立ち上げた。
ラジオを聴けるのは病院内のみ、という設定。

この国立循環器病研究センターは、循環器を専門とする日本最先端の医療機関であり、
入院している患者の病態は決して軽い方ではない。

その患者の家族や本人から話を聞くというのはなかなかハード。
そして、その患者本人も病院のどこかで話を聞いているというのだからなおさらである。

そこは、さすがサンドウィッチマン
サンドウィッチマンの相手の話を聞くことの巧みさで、
単なるお涙頂戴ドキュメントにならなかった。

どういうことか、それはサンドウィッチマンが聞き役に徹して、
頷き、感心し、相手の言葉を引き出していく。
だから、無理やり相手の話を聞き出した感じがないということだ。
もちろん事前にヒアリングしている分はあるだろう。
ただ、それでもここまではなかなかできない。

そもそもサンドウィッチマンはしゃべることが仕事だ。
その二人が聞き上手というのは意外かもしれないが、
どの番組でも重宝される存在となっていることから聞き上手なのは頷ける。

この「病院ラジオ」で
最も印象的だったのは、ラストのサンドウィッチマンのコメント

(富澤)病院って、痛いとかつらいとか悲しいとか、
    冷たい感情のある場所だと思ってたけど、いろんな人と話すと、
    こう、感謝だったり優しさだったり。

(伊達)あったかいな。あったかい話が多かったなぁ~

(富澤)もしかしたら、一番あったかい感情がある場所なのかな

と、確かに温かい気持ちになりました。

2018年8月19日(日) 午前9時00分~
病院ラジオ」再放送するそうです。
ぜひ。

この記事へのコメント