99人の壁 ~視聴率4.3%で、ゴールデン進出!?~

佐藤二朗がMCを務める「99人の壁」の第3弾が
2018年8月15日19:00~21:00に放送された。

視聴率は4.3%と惨敗。

2017年12月31日(10:00~10:55)第1弾:2.9%
2018年4月5日(22:00~23:34)第2弾:5.8%

前2回も決して高いわけではないが、
今回も前回・前々回に続き面白かった。

平日19:00~の放送というのは、編成ミスなのではないだろうか。
土日でせめて21:00~、できれば22:00~が最適だったのではないか。
良い企画でもこれだけ数値が悪いのは今後に影響しかねない。

それにしても、佐藤二朗の人間味あふれる司会がいい。

ただ、編成はともかく、第3弾「99人の壁」は
99人の壁」らしさが出ていなかった。

第3弾で発揮されなかった「99人の壁」の魅力は2つ。

一つ目は、ブロッカーのブロック。
今回難問すぎて、ブロッカーがほとんど機能しなかった。
カットされてしまっていて、実際にはブロックは数多くあったのかもしれないが、
100万取得者の演出を重視したように見えた。

ブロックミスをするとその後5人チャレンジャーに対して
回答できないというルールが厳しすぎるのだと思う。

最初のミスは1人。
誤答ごとに、人数が増えて3回目には退場、
とかにしてみるのはどうだろうか。

二つ目は、子どもでも勝てるチャンスがある。
今回子どもへのチャンスは全くと言っていいほどなかった。
大人をブロックする子ども、これが見たいのだ。


今後の要望だが、
チャレンジャーへの4問・5問目には、
ブロッカーのテーマを横断したような出題をしてほしい。

今回出題ミスもいくつかあり、マニアたちへの出題の難しさを露呈した。
それを隠さず放送したことは、好感を持てるが、その状況も重なってはいけない。

あと、実況席にタレントはいらないなぁ。
YOUと長嶋一茂が悪いのではなく、純粋な実況だけでよいと思う。

ゴールデン進出とあるが、果たして大丈夫か。
土曜20:00枠が現実的ではないだろうか。


この記事へのコメント