2018年09月23日

東京ラブストーリー ~東京では誰もがラブストーリーの主人公になる~

東京ラブストーリー」の再放送が始まった。


東京ラブストーリー Blu-ray BOX東京ラブストーリー Blu-ray BOX
東京ラブストーリーAfter25years (ビッグコミックススペシャル)東京ラブストーリーAfter25years (ビッグコミックススペシャル)
東京ラブストーリー 全4巻完結セット [コミックセット]東京ラブストーリー 全4巻完結セット [コミックセット]

本放送は、1991年1月7日から3月18日の全11回。
フジテレビ月曜21時枠、月9枠である。

視聴率は、順風満帆だったというわけではなく、

 視聴率
第1話20.7%
第2話20.8%
第3話19.9%
第4話17.1%
第5話19.9%
第6話20.1%
第7話22.4%
第8話22.9%
第9話26.3%
第10話29.3%
最終回32.3%

第4話で17.1%まで下降。
そこからは一気に上昇し、最終回で32.3%を記録した。
平均視聴率は22.9%。

改めて見ても面白い。
ただ、一気見して感じるのは、話が数話見てもあまり進んでいない。
一進一退というか、半歩進んで一歩下がって二歩進む的な感じ。
それも当時は面白かったのかもしれない。

注目すべき点は、携帯電話がなく、公衆電話と家電全盛期。
そして、有森也実がプレイべートの件で織田裕二と鈴木保奈美の会社に電話をしまくる。

これは今では絶対にありえない。
それすらなんだか楽しい。楽しすぎる。

東京ラブストーリー」のキャッチフレーズは

「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」

確かに自分が東京で暮らして大人になったら頷ける。
うまいキャッチフレーズだなと思う。

ただ、”誰もが”主人公になれるような話ではつまらない。
なので、赤名リカだけを、”誰もが”でないキャラクターに仕上げたのだろう。

もうひとつ大人になって「東京ラブストーリー」を見て感じたことがある。
それは、赤名リカが相当自由な人だと思っていたのだが、そうでもないということ。
ただただ純粋にカンチが好きな人だった。もちろん、ちょっと表現が自由すぎるけど。

自由すぎたのは、カンチであり、関口であり、三上だった。
年齢を経てから見るとまた違う印象を持った。

また楽しんでしまった。
やはり名作である。
posted by ようすけざん at 00:55| 東京 ☁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください