じゃじゃじゃじゃ~ン! ~21世紀のウゴウゴルーガ~

フジテレビで土曜朝4:52~5:22に放送されている「じゃじゃじゃじゃ~ン!
夕方の4:52~5:22ではなく、早朝。

とれたてフジテレビの2018年10月10日の記事
では

感情や情緒を育み、創造的で個性的な心の働きを豊かにするための教育、および道徳的な意識や価値観を養うことを目的とした情操教育。これからの子供たちにとって大切な情操教育番組が新たに誕生!その名も『じゃじゃじゃじゃ~ン!』が10月13日(土)4時52分からスタートします。
この番組は、子供たちが、心身ともに健康に、幸せに暮らすこと、楽しい人生を生きることを、番組を通じて、おもしろおかしく表現します!子供たちは、この番組を見て、個性的な感性が芽生え、磨かれていくと共に、知らず知らずのうちに“大切なコト”が刷り込まれているはずです。番組の企画には、かつてフジテレビで放送された伝説の子供向けバラエティー番組『ウゴウゴ・ルーガ』の立ち上げメンバーが入り、子供たちの感性に訴え掛けるおもしろさ・おかしさ、そして子供たちに伝えていくべき“大切なコト”をめいっぱい詰め込んでいきます。
二人の子供”じゃじゃじゃ”と”じゃ~ン”が人工知能の”AIさん”と旅をしながら、いろんな出会いによって、経験を積み、成長していく過程を描くと共に、さまざまなコーナーを組み合わせた、不思議な番組になります。また、番組コーナーには、子供たちに大人気のガチャピン・ムックも不定期登場する予定です。
子供たちにも、さらにその上の中高生世代にも話題となり、彼らが親世代となって、自分たちの子供たちとも共有感をもってみてもらえることを目指す新番組『じゃじゃじゃじゃ~ン!』に是非ご期待ください。

とあった。
2018年12月2日放送分が初視聴。

「あー、何でこのタイミングで知ったのだろうか。初回から見たかった」

というのが感想。
ドラマ以外の帯番組を初めて欠かさず見ていたのは「ウゴウゴルーガ
というくらいの「ウゴウゴルーガ」ファンとしては自分の情報感度の低さを悔やんだ。



何がそんなに悔やむポイントなのかと言えば、いい意味で「ウゴウゴルーガ」全開ということ。
忠実に再現していてなんだか嬉しいのだ。

コーナーはもちろんなのだが、この番組引っ張る幼児二人が良い。

”じゃじゃじゃ”は、大野琉功(おおのりく)くん
”じゃ~ン”は、竹野谷咲(たけのやさき)ちゃん

二人とも、ウゴウゴ(田嶋秀任)とルーガ(小出由華)を髣髴させるのだ。

じゃじゃじゃとウゴウゴは、なんだか頼りないけどかわいい。
じゃ~ンとルーガは、しっかりしていてはっきり物事を言う。

12月2日放送分の10回クイズのくだりを見るだけで楽しかったなぁ。
25年前を見ているようだった。

それにしても、あえてのキャスティングなのだろうけど、
スタッフの皆様に感謝したい。

ちなみに、ルーガこと小出由華は1児の母。


あのルーガちゃんが、である。しかも美しい女性になっていました。


じゃじゃじゃじゃ~ン!」に話は戻って。

ウゴウゴルーガ」放送終了後から約25年。
テレビの技術も大きく進歩したはずなんだけど、
じゃじゃじゃじゃ~ン!」と「ウゴウゴルーガ」を比べてもその進化が良く分からない。

それってよくよく考えると「ウゴウゴルーガ」がとっても進みすぎていたのではないかということ。
今となっては珍しくもなんともない、バーチャルスタジオでの撮影もそうだけど、
CGにアテレコして、子どもと会話させるなんて驚きの連続であった。
それに、5日間生放送とか常人の成せる業ではない。
なにせ25年前なのだから。

もちろん今よりは予算があったかもしれないが。

それにしても、「ウゴウゴルーガ」放送開始当初は朝6:10~スタートだったことを考えても
じゃじゃじゃじゃ~ン!」の朝4:52~は早すぎる。


ただ、チャンスは「めざましテレビ」がいつのまにか4:55~放送していること。
この最初の15分くらいを「じゃじゃじゃじゃ~ン!」でいただいて、帯で放送してほしいものだ。
「ポンキッキ」地上波撤退から10年以上たって、このチャンスをなんとかものにしてほしい。

この記事へのコメント