2018年12月11日

生田家の朝 ~尾野真千子の肩の力が抜けた演技がいい~

2018年12月10日から「ZIP!」内で放送が始まった
バカリズム脚本「生田家の朝

主演の生田浩介役が、ユースケ・サンタマリア
妻の生田早苗役が尾野真千子
長女の生田美菜役が関谷瑠紀
長男の生田悟役が鳥越壮真

というキャスト。

月曜日から始まって平日帯番組で
全13回という不思議な回数設定。
なぜ13回なのか?
よくわからない。

放送時間は朝7:50分くらいから、約7分。
あっさりと第1話を見逃してしまった。

ということで、第2話。
バカリズムらしい、家庭あるある。

番組開始前にバカリズムは

このドラマは観ているみなさんと同じ日、同じ時間帯の朝の数分間を切り取ったお話で、毎日放送されます。
どこにでもいそうな家族のどこにでも起こりそうな出来事を題材にしているので、
特に大きな事件もどんでん返しも起こりませんが、たぶん面白いんじゃないかなと思います。
キャストはユースケさん、尾野さんという大好きなお2人に演じていただくことが決まったので、
僕的にはもう8割方成功です。
とにかく毎朝観て下さい。

のようにコメントしている。
まさに第2話はそのような内容だった。
納豆のからしと長男のセミの抜け殻。

こういう展開か。
この時間帯にふさわしいかはよくわからないが、
バカリズムの真骨頂であることは分かった。

尾野真千子がとにかく肩の力が抜けていていい。
いつも気張った感じの役が多いが、今回はそうでない雰囲気。
髪もバッサリと切って、優しいママ感があふれている。

それにしても、毎朝見る習慣がつく前に終わってしまいそうでもったいない。

おそらく日テレはHuluで見せることを最初から狙っているのだろう。
それでないと、Tverの視聴期限が1日間にはならない。

番組ツイッターはこちら
posted by ようすけざん at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ全般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください