2019年01月08日

トレース ~なぜ、”科捜研の男”というサブタイトルをつけたのか~

2019年1月クールの月9は
古賀慶原作 相沢友子脚本 錦戸亮主演「トレース ~科捜研の男~


正直期待していなかったのだが、きちんと力が入っていて作られた作品だった。

そう考えると、
SUITS
って何だったんだろう、と本当に思ってしまった。

本当にひどかった。
キャスティングだけ力入ってたな。
鈴木保奈美もせっかく出たのにな。

SUITSのことはもう忘れよう。

私が絶対的に信頼している俳優の一人錦戸亮。

今回もさすがである。
ちょっと表情の演技が微妙かなと思うところがあったくらい。

そして、安定している船越栄一郎に対して、新木優子の初々しさもいい。
いきなりトイレに行かせるというのは、どういう意図があったのか
1話だけを見ていてはよく分からなかった。

意外だったのは、サスペンスイメージのなかった
相沢友子が脚本を執筆しているということ。
ただ、2002年執筆「恋ノチカラ」のイメージから
更新されていないというのが正直なところ。

第1話で注目すべきは、被害者役を演じた菅野莉央
どこかで見たことあるなぁ、と思って調べたら

ギアゴーストのエンジニアで、
伊丹が持っていた買収の書類を見てしまった役。確かにシーンは思い出した。


と、インタビュー記事もあった。アミューズさすがって感じ。

第2話で凍死と判断されたミケ役。
これも覚えている。

もう少しアミューズの力で出てほしい女優だと感じた。

それにしても月9じゃないな。
木曜劇場枠がベストだったと思う。
posted by ようすけざん at 23:02| 東京 ☀| Comment(2) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
cialis online with paypal cialis without prescription Buy Tranexamic Acid 500mg Tablets Cialis Where To Buy Prednisilone
Posted by Embenly at 2020年06月11日 16:08
Order Elavil Overnight https://bbuycialisss.com/ - Cialis Vente De Propecia Paris generic cialis online pharmacy Fish Amoxicillin Clavulanic
Posted by scoussy at 2020年07月03日 18:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください