2019年01月15日

私のおじさん ~月曜ドラマランドを髣髴させる岡田結実の演技~

テレビ朝日金曜ナイトドラマ2019年1月クールは

第1話を見たが、とにかく昭和。
「HOTEL」を見ているような懐かしさ感。
一周回っておもしろいということなのか。
でも全く新しさがない。

ひとつだけ新しさがあると言えば、岡田結実
それだけ。
うまいかどうかではなく、とにかく頑張っている。

「月曜ドラマランド」を見ていると思えば、満足感であふれる。

スタッフが古いかと思ったらそんなことはない
脚本は、連続ドラマ単独執筆初の岸本鮎佳
プロデュースは「おっさんずラブ」で注目された貴島彩理。

あえて狙っているということなんだろう。
それにしてもちょっとずれている。

ちっとも面白くない。見ていると悲しくなっていく。
それは、メリハリがうまくついていない脚本であり演出になっているから。
話がなんとなく暗いので岡田結実がかわいそうでない。
というより、かわいそうが際立たない。
だから、しずんだままの1時間ということになっている。

遠藤憲一も大変そう。
申し訳ないように演技していて悲しくなる。

明るいテイストを意識してほしい。

ちなみに、貴島彩理プロデューサーの父親は、貴島誠一郎プロデューサー。
「おっさんずラブ」に関する記事でその話題も見られる。

posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | 2019年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください