2019年03月21日

振り返れば奴がいる ~テレ玉で再放送開始~

1990年代のドラマで面白かったのは?と聞かれた
「振り返れば奴がいる」
が最初に出てくる。


その名作
「振り返れば奴がいる」
が2019年3月21日から
テレビ埼玉で再放送されることになった。

脚本は三谷幸喜。ゴールデンタイムの連続ドラマ初脚本作品。
視聴率は、最終回が初回から10ポイント上昇し評価も高かった。
平均視聴率は16.8%。
話数放送日
(1993年)
平均視聴率
1話1月13日12.7%
2話1月20日16.7%
3話1月27日14.8%
4話2月3日16.0%
5話2月10日16.6%
6話2月17日16.6%
7話2月24日17.2%
8話3月3日16.1%
9話3月10日16.8%
10話3月17日18.8%
11話3月24日22.7%

三谷幸喜の脚本がことごとく現場で変更されていくことをモチーフに
「ラヂオの時間」を作ったことは有名な話。
だから「振り返れば奴がいる」に今の三谷幸喜らしさは見られない。
そこが特徴といえば特徴。

だからこの名作が生まれたといっても過言ではない。これは宮藤官九郎もそう。
三谷幸喜、宮藤官九郎も突っ走りすぎると厳しい作品が多い。
プロデューサーがしっかり入って作品を改訂していくとより面白くなる。


とにかく織田裕二と石黒賢の顔が近い。
これは「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」
でもパロディとして描かれたくらい。
今見てもなんだか笑ってしまう。


中盤から終盤にかけて展開に見応えがあるし、
ラストシーンは今でも衝撃的だったことを覚えている。
「とんぼ」のラストとはまた違った衝撃だった。


それにしても「白い巨塔」と同時に再放送というのは何か意味があるのだろうか。
とにかくテレビ埼玉に拍手。
posted by ようすけざん at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ全般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください