2020年04月04日

B面女子 ~さすがの伴一彦脚本~

2020年4月4日に放送された東海テレビ制作の
伴一彦・池田千尋脚本 森川葵主演「B面女子

尊敬する脚本家の一人、伴一彦作品は注目せざるを得ない。
主な伴一彦脚本作品は以下の通りで、35年以上一線で活躍している。

うちの子にかぎって(1984年・TBS)
放課後(1986年・フジテレビ)
パパは年中苦労する(1988年・TBS)
君の瞳に恋してる!(1989年・フジテレビ)
恋のパラダイス(1990年・フジテレビ)
逢いたい時にあなたはいない…(1991年・フジテレビ)
誰かが彼女を愛してる(1992年・フジテレビ)
ストレートニュース(2000年・日本テレビ)
デカワンコ(2011年・日本テレビ)
HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜(2011年、関西テレビ)
東京全力少女(2012年・日本テレビ)
シンデレラデート(2014年・東海テレビ)
別れたら好きな人(2015年・東海テレビ)


「うちの子にかぎって」「パパはニュースキャスター」は不朽の名作だが、
実は「東京全力少女」も大好きな作品の一つ。
なぜか、それはコメディドラマ脚本の教科書のような作品だから。
武井咲にはいろいろ言いたいことはあるが、改めて見ても面白い。

最近は伴一彦脚本の連続ドラマ作品がなく寂しいのだが、
こうやって単発でも作品が見られることはとても嬉しい。

主演の森川葵の演技の幅は広く、「賭ケグルイ」「プリンセスメゾン
全然違うキャラクターをしっかり演じていて、
いつかゴールデンの連ドラ主役をやってほしいと期待している。

B面女子」の役柄も十分に難しいが、そこはさすがの森川葵
嫌味になりそうな一人の女性のA面・B面を完璧に演じていた。
あっという間の60分だった。

低予算ながらここまでの作品となったのは
伴一彦脚本と森川葵の演技力と言っても過言ではない。

B面女子」は単発ながら連ドラ化も視野に入れた感じだったので、
ぜひ伴一彦脚本で連ドラ化を!!

posted by ようすけざん at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ全般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください