2020年04月18日

ハケンの品格 ~突っ込みどころ満載だけど面白い~

2020年4月クールで続編が決まった「ハケンの品格

ハケンの品格 DVD-BOX [DVD] - ぐるぐる王国 楽天市場店「ハケンの品格」 o.s.t / TVサントラ - CD&DVD NEOWING

2007年1月クール放送時の記事で見ると、
”見たい 8位 ハケンの品格”だったが、”結局一話も見ていない”と書いてあった。

視聴率は、平均20.2% 最高26.0%
①18.2% ②18.6% ③18.8% ④20.1% ⑤18.6%
⑥20.7% ⑦20.2% ⑧19.9% ⑨19.9% ⑩26.0%
と高視聴率で安定していた。

ただ、2007年1月クールは
TBS「花より男子2(リターンズ)」平均21.6% 最高27.6%
TBS「華麗なる一族」平均24.4% 最高30.4%
という化け物作品があったので、3位。

【参考】民放プライム帯の連続ドラマの平均視聴率について、
2020年1月クール(10作品):二桁3作品 20%以上0
2007年1月クール(11作品):二桁8作品 20%以上3作品

なお、民放プライム帯の連続ドラマ平均視聴率20%超えは
2017年10月クール「Doctor-X 外科医・大門未知子」(20.9%)以来
存在していない。

録画技術が発達したことや、tverなどでも見られることが要因とはいえ
さみしい限りではある。

高視聴率なことは知っていたが、全10話見ていないと続編についていけない気もしたので、
今回もパスしようかと思っていた。
ところが、TVerで再放送されていることを知り見ることにした。

これが、面白い。
突っ込みどころ満載なのだがとにかくテンポよくて面白い。

エレベーターの回なんて、もうよくわからない。
そう、よくわからないくらい、スケールが大きい。
ディテイルどうこうではないのだ。

それでも人気だったのは、派遣という時代をとらえたテーマ。
そして、派遣の立場の弱さをベースに、
正社員と対立しながら、
その後全社が派遣に理解を示す
という、ドラマのサクセスストーリのセオリーだからだ。

そして、今更言わずもがなだが、
篠原涼子・大泉洋の掛け合いはもちろん、
大泉洋と小泉孝太郎のバランスもよい。
今や売れっ子となった、板谷由夏、安田顕もいい味を出している。

今は亡き松方弘樹、白川由美の圧倒的な存在感。
松方弘樹の(途中までだが)おちゃめ感じがいい。
白川由美の、白川由美独特なポジションがまたいい。

白川由美独特のポジションと言えば、TBS作品がすぐに思い浮かぶ

親子ジグザグ(1987年)
ママハハ・ブギ(1989年)
パパはニュースキャスター(1989年)
予備校ブギ(1990年)
パパとなっちゃん(1991年)
次男次女ひとりっ子物語(1991年)
十年愛(1992年)
もしも願いが叶うなら(1994年)

といずれも名作ぞろいで、いずれも白川由美独特のポジションなのだ。
白川由美でなければならない、白川由美だからの役なのだ。
この「ハケンの品格」でも、ヒロインの良き理解者として要所要所に登場。
白川由美の安定感すごい。

松方弘樹・白川由美という圧倒的存在感の2人を欠いてしまったが
小泉孝太郎、大泉洋という今や主役級の2人が篠原涼子の脇を固める新作「ハケンの品格」。
今から楽しみである。

加藤あい、板谷由夏、安田顕はゲスト扱いで出そうだな。
ハケンの品格 DVD-BOX [DVD] - ぐるぐる王国 楽天市場店「ハケンの品格」 o.s.t / TVサントラ - CD&DVD NEOWING
posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☁| Comment(0) | 2007年1月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください