ゴールド! ~小川未祐と吉行和子のシーンがいい~

第43回 創作テレビドラマ大賞
鳴尾美希子作 藤竜也主演「ゴールド!」が2020年3月27日放送。

創作テレビドラマ大賞は昭和51年から続く、歴史のある賞。
既に第44回の大賞作は発表されており、第45回が現在募集中。

ゴールド!」ベタではあった楽しめた。
藤竜也の安定感といつまでも美しい吉行和子を楽しめただけでも十分な作品。

高齢ドライバーの事故は多発しており、
2019年4月に池袋で、非常に痛ましい事故が起きたことは記憶に新しい。
加齢によって判断の遅れが生じていくことは、避けられない事実。
ただその事実を受け入れられない人がいることもまた事実。

そういった高齢者の姿を具現化した藤竜也。
自分は何でもできるんだ、間違いはないという強い意識、
そして若者への難癖のつけ方など、本当にうまい。
いやらしすぎる演技で、いらっとしてしまった。
あるあるというか、いるいるというか。見たことある高齢者だった。

認知症の妻と暮らしながら、
自分がもしかしたら違反をしてしまったかもしれないと考えるシーンは
悲しくもあり、将来の自分かもしれないと考えこんでしまった。

そのような一見暗い流れになりそうなところを、
若手の坂東龍汰小川未祐でこらえたなんとかバランスが取れていた。
坂東龍汰小川未祐が良かった。

小川未祐には今後特に注目したい。

以下は抜粋。

応募資格:プロの映像ドラマ脚本家として活動したい方。性別、年齢、職業は問いません。

応募作品:
(1)テーマ ・ 内容は自由 。ただし未発表のオリジナル作品に限ります。共作は不可。
       (海外ロケが必要な作品や時代劇は除く)
(2)放送時間45分のもの(A4縦書きで20字×20行を1枚とし本文50~55枚。
(3)1人1作品 。複数作品を応募した方は失格。

賞金:大賞1編 50万円 佳作2編 各10万円

締切:2020年6月30日(火)正午

過去の受賞作品・受賞者は以下の通り。
第1回~第30回までは「テレビドラマ懸賞公募
第31回~は「創作テレビドラマ大賞

第1回佳作回送車矢島正雄
(昭和51年)佳作夏の坂白石なな子
 佳作非常ベル佐々木淑子
     
第2回入選バイクが村にやってきた日に郷田美雄
(昭和52年)入選芥舟よ徳田祐子
 佳作上州汚泥譚山本新
 佳作青春はセレモニー原 孝
     
第3回入選親切冨川元文
(昭和53年)佳作三十歳矢島正雄
 佳作新宿・富久・雲雀荘相川 均
     
第4回佳作化粧荻原美和子
(昭和54年)佳作新生今村田郎
 佳作大島紬倉島久子
     
第5回入選あの街で・・・阿部正樹
(昭和55年)佳作傷あと望月俔東子
 佳作雛の記憶川原洋子
     
第6回佳作海へ走るレール川原洋子
(昭和56年)佳作結婚小森名津
 佳作日時計C・Wニコル
     
第7回入選残照の中から橋本和子
(昭和57年)佳作化石の声を聞いた若者たち石井弘子
 佳作部屋森 邦夫
     
第8回佳作姉貴のライバル斉藤紀美子
(昭和58年)佳作ああ鴎(ごめ)が哭いている滝澤不二男
 佳作光の中の子供たち星野好正
     
第9回入選すみれさんが行く斉藤紀美子
(昭和59年)佳作竜二の町内田史子
 佳作ピット内藤英二
     
第10回入選インディアン人形岩佐憲一
(昭和60年)佳作海からの客小坂部恵子
 佳作はぐれ家族桜井睦子
     
第11回入選月夜のうさぎ金谷祐子
(昭和61年)佳作明日天気になあれ吉田ふさ子
 佳作心の中に・・・中野浩子
     
第12回佳作ああ野球!宮野妙子
(昭和62年)佳作風の真理子村山泰弘
 佳作リュックサック中園健司
     
第13回入選異父妹(いもうと)芹口節子
(昭和63年)佳作笑(わろ)て大阪永沢慶樹
 佳作雨に歩けば花岡敏方
     
第14回入選いつの日か風のように宮崎由香
(平成元年)佳作グッドバイ・そして秋満隆生
 佳作明日香へ榮達義
     
第15回佳作にらまれたい米村憲治
(平成2年)佳作小さな風船、小さな幸せ疎宮 純
 佳作龍を見た少年、または、
ザグロス島の不思議な宝石の話
高坂 均
     
第16回入選春むかし梶本恵美
(平成3年)佳作夏休み斉藤俊雄
 佳作団十郎はここだけ米村憲治
     
第17回佳作見上げれば、青い空北村 稔
(平成4年)佳作割り切れない米村憲治
 佳作トゥワイライトタイムズ藤沢良子
     
第18回佳作戦国末期の有給休暇丸山顕応
(平成5年)佳作叫び人形山口セツ
 佳作川島家の食卓石井美佳
     
第19回佳作走る少年前田和男
(平成6年)佳作パロットダンス~癒すために人は眠る横田理恵
 佳作俺たちは英霊じゃない檜木田正史
     
第20回入選ニュータウン・夢ヶ丘山口セツ
(平成7年)佳作風のノクターン貝井清志
 佳作妖精の詩がきこえる旺季志ずか
     
第21回佳作刺青国芳岩田君代
(平成8年)佳作凛として貝井清志
 佳作陸離高野楓子
 佳作失踪者の遺言利光隆一
     
第22回入選白球の行方鈴木竹志
(平成9年)佳作キャッチ&リリース山崎和俊
 佳作父ちゃんの公園デビュー吉田弥生
 育成奨励賞  キズの記憶浦壁浩之
 育成奨励賞  火焔樹佐々木和也
     
第23回入選オアシス黒武洋
(平成10年)佳作善意の脅迫者利光隆一
 佳作パパちゃんのドリカム早川容子
 育成奨励賞  お日様のくれた傘吉田智子
 育成奨励賞  華の香り板倉真琴
     
第24回入選オーリー・風になる朝塚本隆文
(平成11年)佳作サイレント・キッズ高橋亜由海
 佳作隠れんぼしましょ・・・イナセ亮
 育成奨励賞最後で最初の元井クミ
 育成奨励賞されど、モーニングコール高塚眞美
     
第25回入選占有家族杉本明生
(平成12年)佳作星空のバースデー海野由紀
 佳作愛しく駆けて行け茂木淳一
 育成奨励賞・・・そして君がいる荒木敏子
 育成奨励賞輝け!ビリッケツ西井史子
     
第26回優秀作未来を我等に渡辺国寿
(平成13年)優秀作キリギリスなんて言わせない小原 緑
 優秀作春が来た!-Miracle has come-藤岡麻美
 佳作ぼくはしあわせ山下文子
 佳作前田君の中庭革命岩本英和
     
第27回優秀作Feel山西玉枝
(平成14年)優秀作花屋元太の哀愁平山実近
 優秀作桜守と自転車池田祥子
 佳作天気雨の跡田中達磨
 佳作これから前川友見
     
第28回佳作遠い灯をかぞえて工藤黎子
(平成15年)佳作月夜間ーツッキョマ堀脇れいく
 佳作ハトを待ちながら澤井雪枝
     
第29回最優秀作曲がれない川(OAタイトル「かあちゃんが来た」)阿部美佳
(平成16年)佳作バブルス渡辺国寿
 佳作音のない天使井上達男
     
第30回最優秀作
風の息
(OAタイトル「風の来た道」)
林一臣
(平成17年)佳作灯す人中村義孝
 佳作山岳レスキュー日誌韓 忠民
    
第31回最優秀作おシャシャのシャン!坂口 理子
(平成18年)佳作お宝さがし坂東 誠一
 佳作アニマル・ダンス村田 珠子
     
第32回 大賞
海ガメの涙
(OAタイトル「ガラス色の恋人」)
野条 美由紀
(平成19年)佳作私は、ニセモノ塩澤 憲治
 佳作花鳥風月浅川 由香里
     
第33回大賞まいど238号辻本 昌平
(平成20年)佳作被写界深度景山 貴之
 佳作今、底へ底へと沈む虹さくらはる
     
第34回佳作コワくてすいーの池友 江麻子
(平成21年)佳作ビー・スポーク川原 朋子
 佳作夕凪の刻(とき)樫葉ともり
     
第35回大賞夜明けのララバイ吉田 真童
(平成22年)佳作餞幟(はなむけのぼり)喜多田 悠里
 佳作乳房(ちぶさ)仙道 玉青
  佳作鳥取県鱈図市吉田 海輝
    
第36回大賞最終特快本河 純子
(平成23年)佳作迷えるウサギ林 日里
 佳作カブト虫の呼吸泉 政秀
     
第37回大賞希望の花藤井 香織
(平成24年)佳作小山家の朝中村 由加里
 佳作ヤドカリ娘とエリマキトカゲ瀬古 真史
     
第38回大賞佐知とマユ足立  紳
(平成25年)佳作わたしも連れてって!市川 貴幸
 佳作祭りィだよ津村 米紀
    
第39回    大賞川獺(かわうそ)山下 真和
(平成26年)佳作終のこと神岡 記子
 佳作夢みる朝顔 伏木 由里子
    
第40回    大賞あなたにドロップキックを中谷 典子
(平成27年)佳作希望が眠る島潮 喜久知
 奨励賞幽かな友だち別府 典子
 奨励賞絶滅危惧種人間の反乱来島 淳也
    
第41回大賞デッドフレイ佐々木由美
(平成28年)佳作ルナティック・ペイン安達あづさ
 佳作HEART NOW ON AIR沼田 友
    
第42回    大賞週休4日でお願いします石原理恵子
(平成29年)佳作やらずの雨が上がる時潮  喜久知
 奨励賞みんな、明日があるって桜崎  秋生
 奨励賞ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア本山久美子
    
第43回大賞ゴールド!鳴尾 美希子
(平成30年)佳作52歳、親の介護が待ってます北村 陽子
 佳作ロボ恋松本 和子
    
第44回大賞星とレモンの部屋佃 良太
(令和元年)佳作もやすゴミの日富安 美尋
 佳作激情のフィスト寺井 靖博

この記事へのコメント