笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ ~明石家さんまが予定外のゲスト出演~

毎週日曜日16:00から放送されている、
笑福亭鶴瓶がパーソナリティを務めるニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ

2020年6月28日放送には、奇跡のゲストが。
笑福亭鶴瓶は当日15時まで開催していた「無学の会」終了後のラジオ生放送。

無学の会」とは、六代目笑福亭松鶴の住居跡地に建てた寄席小屋で、
毎月1回”秘密のゲスト”を招いて行うイベント。

”秘密のゲスト”が本当に超一流レベル。
過去には、大竹しのぶ、スピッツ、ムロツヨシ、宮藤官九郎、
小栗旬、駿河太郎、あいみょん、内村光良、吉田沙保里などが呼ばれている。
俳優、女優、脚本家、歌手、コメディアン、スポーツ選手、
そして息子とさすがの笑福亭鶴瓶の人脈である。

この「無学の会」もコロナウイルス感染症拡大防止のために、
2020年2月23日の第245回のミルクボーイのゲスト会が最後なっていた。

2020年6月28日は4か月ぶりの開催。
コロナウイルス感染症拡大を防ぐ対応としてわずか19席のみ。
普段でもプラチナチケットなのに、さらにその上をいくチケットとなった。

2020年6月28日の第246回は”秘密のゲスト”は呼ばずに笑福亭鶴瓶が舞台上で、
知り合いの芸能人に電話で出演していただく形をとったそう。
ただ、ノーアポイント。

その「無学の会」で明石家さんまに電話をしたのだが出ず。
ただ、「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」の生放送中に明石家さんまからのコールバックが。

ここで普通の人は生放送中に電話に出ないのだが、
(そもそもブースに携帯電話を置くものではないのだが)
笑福亭鶴瓶は進行を上柳昌彦に任せて、明石家さんまの電話に出る。

ここからが奇跡的な会話になる。
笑福亭鶴瓶と明石家さんまの信頼関係があるからこその贅沢な時間。

無学の会」ではタモリが電話で出たのだが、なかなか電話を切ってくれなかったと。
それは、明石家さんまもそう。

なかなか提供・CMに行けず焦る上柳昌彦をよそに、
自由に展開していく笑福亭鶴瓶と明石家さんま。

なかなか切ってくれないことを、笑福亭鶴瓶そして、リスナーが楽しむ。
もちろんわかっていてやっている明石家さんま。

さすが、プロフェッショナルな二人である。
とにかく贅沢な時間だった。

一度は行ってみたいな、「無学の会
場所は、大阪市住吉区帝塚山西4丁目12−31。

この記事へのコメント