2020年08月10日

40万キロかなたの恋 ~吉岡里帆の声に癒される~

テレビ東京ドラマ24枠は「浦安鉄筋家族」の放送再開が遅れているため、
7月24日から全4回で玉田真也脚本 千葉雄大主演「40万キロかなたの恋」を放送。
門脇麦、声のみの出演となるが吉岡里帆が出演。

もちろん作品にも注目なのだが、

宇宙船での一人芝居をバーチャルスタジオで撮影し、
リアルタイム合成で映像化!
三密を究極に避けた撮影方法で挑む
テレビ東京の新たな挑戦企画!

と、撮影手法にも注目したい。

40万キロかなたの恋」の設定は面白く、4話×30分も適切。
これ以上長くなるとしんどくなりそうな感がもう2話で漂っていた。

千葉雄大は「いいね!光源氏くん」に続き、
フィクションのキャラクターとして生き生きと演じている。
門脇麦とのやり取りが楽しい。

千葉雄大と門脇麦との会話のテンポが速いので、
吉岡里帆のゆっくりとした声が効いていて、
メリハリがついた演出になっていてよい。

次回も楽しみ、といいつつ今週金曜はもう最終回。
吉岡里帆は本当に声だけで終わるのだろうか。
posted by ようすけざん at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | 2020年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください