2020年09月22日

書類を男にしただけで ~TBS入社5年目社員が手掛ける小芝風花主演の単発ドラマ~

TBSが2020年10月11日(日)午後2時から
飯野陽子脚本 石井康晴演出 小芝風花主演「書類を男にしただけで

twitter:@yuki_minowa
instagram:shorui_otoko

(2020年9月22日 映画ナタリー)

が放送されることになった。

書類を男にしただけで」絶対に見逃せない。
その理由は3つある。

一つ目は、
”うっかり性別欄を間違え、ずっとあこがれていた大手広告代理店の採用試験を男として突破してしまう。”
という設定がとにかく面白い。

二つ目は、
そしてその主演を小芝風花が演じるというから見逃せない。

このインスタのちょっとした小芝風花の表情可愛らしすぎる。
そして姿勢が良いし、かっこいい。


そして「書類を男にしただけで」を見たい三つ目、
最後の理由は、プロデューサーが入社5年目の中西真央ということ。

新春ドラマ特別編 下町ロケット」(2019年1月2日放送)
でプロデューサ補として掲載されていたのみ。

その中西真央プロデューサーのコメントは以下の通り、

「エントリーシートを男で出していたら私の人生もちょっと違ったかな」
一昨年明らかになった医学部入試での女子や浪人生に対する不正な減点のニュースを見ていて、私自身がふとそんなことを考えたのがこの企画のきっかけでした。
私は幼いころから女性の友人と同じくらい男性の友人も多く、一緒にバカみたいな話をするのが好きなタイプでした。でも、どうにもならない違いがあるのは事実で、たとえふざけて男扱いされようとも、女の私が男のようには生きられない。そのことを実感してきました。また、男子と女子では「モテ」の構造も違うと思っていて、男子は面白さやスター性でモテる人も多いですが、女子はそうとは限らない。こうした日常の中にある些細な違いから許しがたい理不尽な違いまでを、誰かを傷つけたりすることなく、コメディーの力を借りて描けたらと思って生まれたのが今回の企画です。
主演の小芝風花さんは、かわいらしさはもちろん、お芝居からあふれる芯の強さが魅力だと感じており、今回、「男性であろうと女性であろうと、私の仕事の仕方は何ひとつ変わりません!」と言い切れる強い女性(男性?)にぴったりだと感じてオファーさせていただきました。常に明るく元気で、スタッフみんなを笑顔にさせてしまう素敵な存在です。イケメンすぎる男装姿には皆様もきっとキュンとしてしまうと思いますのでご期待ください!
今回は、初のプロデュースとなる私を含め、若いスタッフが非常に多く集まってくださいました。斬新なアイデアやフレッシュな感覚を殺さず積極的に取り入れていくことで、いつもとは何か違うと感じてもらえる作品になればいいなと思っています。「書類を男にしただけで」、どうぞよろしくお願いいたします。

若いスタッフが非常に多く集まった作品とのこと、
TBSの蓄積されたこれまでのノウハウと”斬新なアイデアフレッシュな感覚”の融合を楽しみにしたい。

以上が、「書類を男にしただけで」を絶対に見逃せない理由である。
posted by ようすけざん at 23:40| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ全般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください