宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど ~AM感たっぷり。クドカンがとにかく楽しそう~

2020年10月2日スタートしたTBSラジオ「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど

コールセンターの人に… 駅員さんに… 飲食店の店員さんに… もしかするとあなたも、誰かに八つ当たりしてしまった経験があるかもしれない。でも、知らなかった職業の苦労を知ることで、明日からきっと、優しくなれる。 様々な職業の、宮藤さんに言ってもしょうがない愚痴を聞き、それぞれの職業から考える世の中への要望も掘り下げることで、社会の構造的問題も見えてくる。 楽しく、よりよい世の中を目指す、愚痴エンタテインメント番組!

Twitter:@guchi954905

2020年9月に終了したTBSラジオ「ACTION」の月曜日の人気コーナーが
毎週金曜21:00~21:30で放送されている。

ここまで、

10月2日:元CA(客室乗務員)
10月9日:バレエダンサー
10月16日・23日:放送作家
10月30日:ベーシスト

と、4つの職種の愚痴を聞いたがどれも面白すぎた。

特に2回にわたって放送された放送作家回はリアルだった。

TBSラジオのホームページにコラムとしてテキスト公開されているが、
4月改編で番組は終了しないが、作家だけ入れ替わる時の流れが面白い。

宮藤:僕、番組をやってた時期が短いのもあって、番組が終わる経験はもちろんしてるんですけど、続く番組から呼ばれなくなる経験はしたことなくて。

U野:あります。だいたい1月下旬くらいにプロデューサーに呼ばれるんです。

一同:(笑)

U野:遅すぎるとリニューアルに関わってくるので。だいたいソファー的なところで、堅苦しくない感じで。で、「3月いっぱいで…」ということが何度か。

宮藤:3月いっぱいで、番組は続くけど、君は続かない!ってことですよね。

U野:番組をより良くしたいという…

宮藤:言葉を選べば選ぶほど失礼になりますね!番組を良くするために君は必要ない!ってことですもんね。「あ、来たな…!」って感じ?

U野:年が明けるとだいたい、風の噂で入ってくるんです。スタッフが変わるらしいぞと。上の人が変わると、連れてきた作家も一緒に変わるパターンもあれば、作家だけが残る気まずいパターンも。

「企画書の著作権があやふや…」放送作家の愚痴・前編

放送作家はタレント同じく、人気商売。
バラエティ番組のスタッフロールの構成のメンバーを見ると、
同じような名前を見る機会が多いのは、テレビでよく見るタレントがいるのと一緒ということだ。

愚痴を自然流れで聞けるって、宮藤官九郎のパーソナリティ力。
「ACTION」の終了が本当に惜しまれる。

この記事へのコメント