姉ちゃんの恋人 ~有村架純の演技幅が明らかに広がり、さらに魅力的に~

2020年10月クールのカンテレ火曜21時枠
岡田惠和脚本 有村架純主演「姉ちゃんの恋人」がスタート。

安定の岡田惠和脚本。
日常のちょっとしたところに幸せがあるんだ、と描く岡田惠和らしい切り口だ。

ただ、視聴率を取りに来ていると到底思えない内容でもある。
火曜21時のカンテレドラマ枠は、二桁視聴率が今年一度もないほどに超苦戦が続いているなかでの


あえての「姉ちゃんの恋人」。
カンテレのこだわりには拍手したい。
世帯視聴率ではなく、個人視聴率でなんとか勝負になるといいのだが。

姉ちゃんの恋人」初回を見て少し驚いたのは、ナチュラルさが増した有村架純の演技だ。
小池栄子を始めとした、ホームセンタースタッフとの会話がとにかくナチュラル。
こういう演技をする印象がなく、演技力に磨きがかかった印象だ。
だから、少し驚いたというのは、悪い意味ではなく、良い意味だ。

奈緒はカンテレ枠連投だが「竜の道 二つの顔の復讐者」とは全く違う、
奈緒の笑顔が見られるのも嬉しい。

そして、和久井映見と光石研が出ているだけでほのぼのしてしまう。
姉ちゃんの恋人」好きだな。

【作品概要】

Twitter:@anekoi_tue21
Instagram:anekoi.tue21

キャッチコピー:
つづけ、幸せ。

放送局:フジテレビ系

放送枠:火曜21時枠

企画:
細川陽子
島本講太

脚本:
岡田惠和

演出:
三宅喜重
本橋圭太
宝来忠昭

監修:
木下登志美(保護司)
新澤健二(保護司)

出演:
有村架純
林遣都
奈緒
髙橋海人
やついいちろう
日向亘
阿南敦子
那須雄登
スミマサノリ
井阪郁巳
南出凌
西川瑞
和久井映見
光石研
紺野まひる
小池栄子
藤木直人

音楽:
眞鍋昭大

エンディング:
Mr.Children「Brand new planet」

この記事へのコメント