2020年12月度ラジオ聴取率調査について思うこと

2020年12月14日(月)~12月20日(日)に実施された
ビデオリサーチの首都圏ラジオ聴取率調査の結果が発表された。


19年間6か月117期連続!個人聴取率首位達成!
週平均(個人全体・男女12~69歳/6-24時)
平日平均、土曜平均、日曜平均いずれもTBSラジオが単独首位獲得!

と掲載されていて、結果は以下の通り。

 2020年2019年
12月10月9月6月4月2月12月
TBSラジオ0.90.80.70.90.90.80.8
J-WAVE0.80.60.70.60.60.70.8
ニッポン放送0.60.70.70.60.60.50.5
TOKYO FM0.60.70.60.60.70.50.5
文化放送0.50.50.40.40.40.40.4

2020年9月期は、TBSラジオ、J-WAVE、ニッポン放送が同率。
そこから、TBSは秋の改編が成功したのか、
10月→12月と0.1ポイント上げ、ニッポン放送との差を0.3ポイントと広げた。

TBSラジオは個別番組の聴取率を発表していないので、他局の情報を総合すると

(2021年1月20日 ORICON NEWS)

ニッポン放送で全局中同時間帯 単独首位 獲得番組 (個人全体:12歳~69歳・男女)なのは、

『イルカのミュージックハーモニー』(毎週日曜 前7:00)
『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 深1:00)
『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜 深1:00)
『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO )』(毎週月曜 深3:00)
『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) 』(毎週水曜 深3:00)
『#みちょパラ』(毎週日曜 後11:00)
『櫻坂46 こちら有楽町星空放送局』(毎週日曜 後11:30)
『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW 』(毎週日曜 前5:30)

の8番組で『オードリーのオールナイトニッポン』については
2016年2月度調査以来、29回連続で単独首位となった。
『ナインティナインのオールナイトニッポン』は4回連続
『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) 』は3回連続
『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO )』は初の首位となった。

2020年9月期・10月期のニッポン放送のリリースを確認すると

(2020年11月18日 ORICON NEWS)

(2020年10月8日 ORICON NEWS)

(2020年7月7日 ORICON NEWS)

(2020年3月18日 ORICON NEWS)

(2020年1月15日 ORICON NEWS)

とあるので、2020年12月期は
『オールナイトニッポン(ANN)』(月~土平均)
『ANN0』(月~金平均)
ともにがいずれも全局中、単独どころか同率首位ともならなかったと読み取れる。
深夜1時台のTOPはTBSラジオ『JUNK』の可能性が高い。
一方、深夜3時台はどこかわからないなぁ。TBSの新番組「CITY CHILL CLUB」なのだろうか。

文化放送は苦戦が続くが、

土曜15時00分~17時00分は。出演している吉田照美のtwitterで
単独首位を獲得したと伝えている。

私が見ているSNSでは、TBS改編の評価は非常に低いが、
聴取率という点では評価されている結果となった。

この記事へのコメント