ABC川添佳穗アナウンサー退社について思うこと

ABC「おはよう朝日です」のMCを務め、
昨年12月から休養中のABC川添佳穂アナウンサーが
2021年1月31日でABCを退社することが2021年1月27日に発表された。

(ORICON NEWS 2021年1月27日)

(スポニチ 2021年1月27日)

(サンスポ 2021年1月27日)

(デイリースポーツ 2021年1月27日)

いずれの記事も「おはよう朝日です」のもう一人のメインMC岩本計介アナウンサーが

「きょうは皆さんにお知らせがあります。
体調不良でお休みをいただいていた川添佳穂アナウンサーなんですけれど、
現在は体調も回復しているということなんですけども、
本人の希望によりまして、今月一杯でABCを退職することになりました。
川添さん、ホントに真面目で、この『おはよう朝日』ともども大好きで、
信用できる仲間で一緒にずっとやっていきたかった気持ちも正直あり、
今でも残念な思いがあるんですが…
『おはよう朝日です』のアシスタント、MCとしての4年間、本当にお疲れ様でした。」

と述べたことを取り上げている。
これは本当に残念でならない。

関西出張の楽しみの一つが「おはよう朝日です」で川添佳穂アナを見ることで
4年前に

この番組で注目すべきは、川添佳穂ABCアナウンサー。

約12年間サブキャスターを務めた喜多ゆかりABCアナウンサーの後任。

とにかく明るい。ちょっとぽっちゃりな感じもよい。
喜多ゆかり仕込みとでもいうべき反応で、見ていて楽しい。

川添佳穂は明治大学出身で2011年の”ミス明治”
そして、BSフジで2012年2月から「BSフジNEWS」の学生キャスターも担当していたらしい。

「おはよう朝日」ですの良さは、画面から十二分に伝わってくるチームワークの良さ。
関西出張がいつも楽しみだ。

と書いていたほどだ。

元気さ、明るさ、よく食べる。この最強要素が魅力的すぎた。
日本テレビで言えば水卜麻美アナウンサー級なんだけどな。


12年塗り続けられた”喜多ゆかり”色を塗り変えるプレッシャーは相当だっただろうが、
3年を経て”川添佳穂”色に変えたことは素晴らしいし、その証明がメインMCへの昇格だったのだと思う。

川添佳穂の子供の頃の夢は「アナウンサー(三歳からの長い長い夢でした…)」と以前から見ていたので
小さいころの夢を叶えられるなんてすばらしい!
故郷の鹿児島のことをいつも話題にしていて、優しい心を持っているのだろうなと思っていた。

そこが凄く魅力的ではあるが、
関東では「おはよう朝日です」見られないので、ABCのYouTubeチャンネルをよく見ていた。

この初々しい感じ

ABCアナウンサーの旅

赤江珠緒と対面

どれもよく覚えている。

この1年は出張も減り、リニューアルしてメインMCになってからは1度しか見ることができなかった。
それが最初で最後となってしまったのも残念。
本当に残念でならない。

体調を戻して、ゆっくりと生活して、
もし機会あればまた元気な姿で、おいしそうに食べる姿を見せてほしい。

川添佳穂アナウンサーまずはABCでのアナウンサー生活おつかれさまでした。

この記事へのコメント