吉田類の酒場放浪記 ~祝!1000回 今や月9と言えば吉田類の酒場放浪記~

BS-TBSで2003年9月1日から放送している
が2021年2月22日で放送18年1,000回を迎えた。

2009年4月から現在の月曜21時「月9」から放送され、
今や月9と言えば、「吉田類の酒場放浪記」と言っても過言ではない。

コロナ禍でも続けてくれているのがとにかく嬉しい。

1000回目の放送は


と森下からの放送。

この森下「山利喜 本館」が1000回目の放浪に選ばれたのは
吉田類の酒場放浪記」の前身番組「東京下町 居酒屋をゆく」の
第1回(2003年6月2日放送)で訪れた場所だったとのこと。

「おんな酒場放浪記」に出演中の倉本康子が案内役、
俵万智がリモート出演し、藤原竜也と奈緒がコメント送った。

wikipediaに関して、この1000回目の放送に関する記事を見ると

スペシャルゲストとして酒場放浪記ファンである藤原竜也、
夏帆による番組への応援メッセージ

という記載が!
奈緒夏帆を混同している人が記事を書いていたようだ。
確かに母音は一緒だけど、全然違うのにな。

俵万智の「類さんは、いつも飲みながら句を作っているの?」という質問に対して、
「ほとんど、いや6割はあとからですね。現場では酔っぱらって俳句どころではないですね」
という分かりきっていたけど、吉田類の本音として聞くことができたことはなんだか嬉しかった。

これからも健康に気をつけて、月9の看板を背負い続けてほしい。

この記事へのコメント