2007年07月19日

愛と生命と涙の全記録"余命1ケ月の花嫁"〜乳がんと闘った24歳・最後のメッセージ〜

途中からであったが、見始めて涙が止まらなかった。
長島千恵さん、24歳。

この番組は長島千恵さんが余命1ヶ月を宣告された後亡くなるまでの1ヶ月余りを
父親、彼氏、親戚、友人との交流を中心に描いたドキュメントである。

千恵さんの母も53歳という若さで癌の病に倒れていて、
父親と二人三脚で生活してきた。
母が苦しんだ癌の苦しさ辛さを知っている千恵さんの闘病は壮絶だった。

千恵さんの命の期限が迫る中、友人は結婚式場を探していた。
千恵さんにはウェディングドレスを着ての写真撮影と伝えていたが
その場は友人達を呼んでの結婚式であった。
そして、彼は千恵さんの欲しかったリングを指にはめた・・・

結婚式の時の長島千恵さんの笑顔。あの笑顔。
どんな名女優にもできないすばらしい笑顔。
本当に本当に嬉しかったのだろう。
病気なんて微塵も感じることができない、幸せそのものの24歳の女性だった。

そして、
4月5日の結婚式からわずか1ヵ月後の5月6日に長島千恵さんは亡くなった。
わずか24年の人生。

こうして打っているだけでも涙が出てきてしまう。
藤原竜也のナレーションも良かった。落ち着いていて作品に感情移入することができた。

私は30歳。毎日が当然のように来て、当然のように終わっている。
『明日が来ることは奇跡。
それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています』
そんな彼女の言葉。
こうして打っているだけでも涙が出てきてしまう。

藤原竜也のナレーションも良かった。落ち着いていて作品に感情移入することができた。

posted by ようすけざん at 23:53| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | ドキュメンタリー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by isqxlalb at 2013年04月18日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48539128

この記事へのトラックバック

余命1ヶ月の花嫁
Excerpt: 昨日、テレビをみました。 『余命1ヶ月の花嫁』 ガンと闘いわずか24歳で生涯をと
Weblog: 星の贈りもの
Tracked: 2007-07-20 23:36

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-22 06:39